• 今日も寒い一日で最低気温は-7℃まで冷え込みました。そんな中、今日も柿の剪定を行いました。太秋➁昨日行った太秋よりも古木です。太秋の苗木が出回って間もない頃に植え付けましたので、それなりに年月が経っています。太秋は甘柿の中でもサイズ、味共にトップクラスです。基肄城二代目の若木です。以前に成木の基肄城がありましたが、数年前に枯れてしまいました。そこで新たに基肄城を植えました。また若木ですが数年前から結... 続きを読む
    • 柿の剪定を始めました。寒いせいか、途中で頭痛が酷くなったので早めに切り上げました。少し休んだら治りました。現在、いろいろな病気が流行しているので注意したいです。早秋 貴秋太秋➀ 手前から興津20号、新秋を能登紅富有に接ぎ木更新、宗田早生禅寺丸(授粉樹)... 続きを読む
    • 甘百目の剪定を行いました。以前はもっと大木でしたが、現在はコンパクトに仕立てています。それにしても、一年でこんなに荒れてしまうんですね。剪定前 剪定後... 続きを読む
    • お知り合いから青曽(あおそ)という柿を頂きました。当地では見かけない珍しい柿ですが、和歌山県の方では有名な渋柿で、串柿といって、竹串に刺して干し柿にして食べるそうです。... 続きを読む
    • 不作の太天です。 昨年は豊産でしたが、若木の為に幹が細過ぎて、果実の重みで倒れてしまいました。その為、樹が弱って今年は不作になってしまいました。画像の太天は勾配のきつい斜面に植えてありますが、真っすぐに植えてもその後に傾いてしまいました。根っ子が均等に張れないからだと思います。柿を勾配のきつい斜面に植えると、大方、斜面の低い方向へ傾きます。樹が傾いて生り過ぎると、傾いた方向へ引っ張られて余計に傾き... 続きを読む
    • 花御所を収穫しました。今年の花御所は全くの不作で、味見程度の収穫となりました。花御所は甘みが強くて、果肉はまろやかで大変美味しい柿です。... 続きを読む
    • 大蜂屋を収穫しました。高接ぎ更新をして数年しか経っていませんので、味見程度の収穫です。収穫した果実の幾つかは干柿にしました。冷え込んで霜が降りる様になり、晴れ間が続く日を見計らって作ります。曇りや雨の日、または気温が高い日に作るとカビてしまいます。干し柿作りは、天気予報をよく確認して作らないと失敗します。... 続きを読む
    • 数年前に植えた禅寺丸が初生りしました。思っていたより大きな果実でした。大きめの果実を量ってみたら254gありました。禅寺丸は小粒のイメージがありますが、初生りでもそこそこの大きさになる様です。禅寺丸は受粉樹目的で植えたのですが、ゴマ入りでそれほど悪い味ではありません。果肉は荒っぽい感じですが不味くはありません。しかし、中には渋が残っている果実が見られます。それと果頂部が割れる果実が目立ちます。外観が... 続きを読む
    • 陽豊を全て収穫しました。 今年は全部でこれだけでした。陽豊も若木なので、この程度でも良しとしたいです。... 続きを読む
    • 成木の甘百目を収穫しました。やはり、若木の果実より大きいです。甘百目も下記(柿(笑))位のサイズになれば食べ応えがあります。今年は特大果はありませんが、大きいものになると、450g前後になります。  ... 続きを読む

    ホワイトモグタン

    北関東のとある田舎町でいろいろな果樹を植えて楽しんでいます。

    カレンダー

    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    検索フォーム

    最新記事+コメント

    FC2カウンター

    月別アーカイブ

    Tree-LINK

    ブロとも申請フォーム

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR