• 本日はホワイトシマリスの紹介です。 ホワイトシマリスは普通種の突然変異で、俗に言うアルビノです。 でも目の色は黒っぽい色をしています。 ホワイトでもちゃんと縞模様もあります。笑 私の一日は、そんなホワイトシマリスのお世話から始まります。 ホワイトシマリスは、普通種より温和な性格で、 人懐くっこい子が多いのが特徴です。 疲れた時などは、一緒に遊んで心を癒してくれます。    ... 続きを読む
    • リンゴの袋掛けが完了しました。不調の中、リンゴだけは調子がいいようです。... 続きを読む
    • アップルキウイ、孫悟空、MGー06、ロッキーが揃って咲き出しました。 棚の近くに行きますと、甘い香りが漂ってきます。 一時は駄目かなと思ったキウイですが、どうにか持ち直したようです。 しかし、このところ天候が悪く、気温も上がりませんので、 大事をとって、毎朝人工授粉を繰り返しています。... 続きを読む
    • ブラックベリーの花が咲いています。 このところの長雨で花が痛んでいるようなので、 とても繊細な花びらのように感じます。 この花、昆虫に人気があるようで、団子蜂が頻繁に 飛び交っていました。  ... 続きを読む
    •   昨年植え付けた柑橘類が開花し始めています。 当地での露地栽培は無理なので、ユズ以外は全て鉢植え栽培で楽しんでいます。 昨年は、リス小屋の中に置いて越冬させましたが、 寒風と霜を直接当てなければ割かし耐えられるようです。 ミカン類は耐寒性が-5℃が限界のようですが、霜や風に当てなければ もう少し耐寒性があるのかもしれません。   背景が緑色で見づらくてすみません。... 続きを読む
    •  桃の袋掛けを始めました。 残念ながら、おどろきとあぶくまは殆ど落果してしまいましたので、 今年は駄目のようです。汗 西王母とあかつきは樹の改造と、 メインの露地ものはお休みになりそうです。 そこで幼木を中心に袋掛けを行いました。 着果数が少ないので時間は掛かりませんでした。 ちなみに現在の幼果のサイズは100~500円硬貨位です。 本来ならば、もう少し肥大してから掛けたいところですが、 これからの時... 続きを読む
    • リンゴの袋掛けを始めました。 梨同様に摘果しながら掛けていきます。 途中で雨が降ってきたので、   2本のみ (ニュー・ジョナゴールドと静香)しか出来ませんでした。 各々180袋位ずつ掛けました。 これでも大変ですから、リンゴ農家の苦労が分ります。    ... 続きを読む
    • MGキウイの摘雷を行いました。 今年のキウイは遅霜に数回遭い、当初は無収穫と思いましたが、 その後、徐々に回復してきて、現在ではそこそこの蕾が見られるようになりました。 しかし、例年のよりも小粒の感じなので、今年は摘雷をして、 出来るだけ残した蕾を充実させたいと思っています。... 続きを読む
    • 虫による食害の被害が目立ち始めましたので、 新高の摘果作業と袋掛けを同時に行いました。 今年は総体的に見て不調の年ですが、その中に梨も含まれています。 寒害も然る事乍ら、人工授粉をしなかったのも原因の一つかと思います。 また受粉樹である、幸水や豊水の花芽不足や開花時の低温による訪花昆虫の 激減なども要因の一つかもしれません。 そこへ来て、害虫の被害が目立ちます。 今年はカミキリ虫が異常に多く、数少ない貴... 続きを読む
    • 桃の陰に隠れがちなネクタリンですが、各種数果ずつ結実しています。 樹や花は桃と瓜二つですが、果実は無毛で艶があります。 また早いうちから赤く色付いています。 それらが桃と違うところです。   エンパイヤ... 続きを読む
    • 桃の幼果が少しずつ肥大してきています。 一度に全品種をアップ撮影すると、どれがどれだか分らなくなるので、 幾つかだけ載せてみました。 とは言っても、今の段階では、どれも同じに見えますが。笑   鉢植え栽培の樹 鉢の容量は60リットル 左から、黄ららのきわみ、なつっこ、リンゴのシナノゴールド... 続きを読む
    • 雨の中、石楠花が見頃を迎えています。 こちらは先日お伝えしたパーシーワイズマンです。 花色がピンクから黄色に変わってきています。  ... 続きを読む
    • 厳しい試練に晒されたキウイですが、無収穫の難は免れたようです。 先陣を切って紅妃と早雄が咲き出しました。 本調子ではないにせよ、この姿を見ますと安堵します。 早雄  紅妃   今年は少量の収穫となりそうですが、 その分、よく味わって食したいと思います。... 続きを読む
    • 珍しい光景を見ました。昨年の暮れに植えた棒状苗木(興津20号)に蕾が見られます。一つだけのようですが、柿も1年目で花芽が付く事があるようです。昨年の暮れに植えた興津20号 ... 続きを読む
    • 赤松のみどり摘みを行いました。 松の手入れは大きく分けて2つあります。 冬期に行う、古葉落とし(もみ上げ)や剪定作業 今の時期に行う、みどり摘みです。 みどり摘みは、今年伸びた新芽を摘んで、 樹形の乱れを抑えて、葉性を揃える、 または小枝を増やす目的で行います。... 続きを読む
    •  昨日お伝えしましたブドウ棚の屋根にビニールを張りました。 新しいものを購入しようか迷いましたが、使い古しのビニールが ありましたので、それを使用することにしました。... 続きを読む
    • 巨峰とピオーネ栽培の棚に屋根を設けました。雨凌ぎ程度の簡単な作りになっています。骨組みが完成したので、近日中にビニールを取り付ける予定です。 ... 続きを読む
    • 先日お伝えしました、挿し木スモモの芽数を減らしました。挿し穂の消耗を防ぐためです。... 続きを読む
    • 切り接ぎリンゴの芽が伸びてきたので、芽数を1本に残して、 真っ直ぐに伸びてくれる様に支柱を設けました。   この位に伸びましたら、台芽かきを遅らせて幹を太らせます。 また意外な話ですが、台芽かきを遅らせる事によって 新梢の伸びが良くなるようです。 更に今後は雑草をこまめに処理し、微量の肥料を 土に馴染ませながら育成してきます。 定期的な消毒も欠かせません。 この様な感じで管理をしていきますが、 秋までに... 続きを読む
    • 昨年の春先に植栽した幼木梅の新梢整技を行いました。 棒状苗木からのスタートでしたが、その後、順調に育っています。 紅映と加賀地蔵には着果も見られます。  ... 続きを読む
    • 今日は雨でしたが過ごしやすい一日でした。 植物にとっても良いお湿りになったと思います。 先月(4月10日)に挿し木したスモモやリンゴが大分伸びてきました。   降雨を気持ち良さそうに浴びるスモモ。 伸びが良すぎるのが少し気になります。... 続きを読む
    • 雑草が伸びて来たので草刈を行いました。 もちろん、刈払機を使ってです。 作業前   作業後   まだ柔らかく伸びていなかったので刈るのが楽でした。 どうしても草を生やしておくと害虫が集まりやすくなります。 害虫が集まると病気にも罹りやすくなりますので、 農薬散布を減らすためにもこまめな草刈は有効かと思います。... 続きを読む
    • 遅霜の影響をまともに喰らった果樹の中にスモモがあります。 早生咲きの秋姫は無収穫になりそうです。 着果が全く見られませんでした。 そんな中、意外だったのはソルダムです。 他のスモモが不調の中、どうにか着果してくれたようです。 もし霜に遭わなければ・・・そう思うと残念ではありますが、 多少なりとも実を付けてくれた事に感謝したいと思います。... 続きを読む
    • 霜に数回遭い、めっきり弱ってしまったキウイですが、 このところの暖かさで少しずつ回復してきています。 全体的に見て、多少の蕾は見られますが、 本来の感じからは程遠い感じがします。 これから、どの程度まで回復してくれるか、 しばしの間、様子を見たいと思います。... 続きを読む
    • 3月上旬に接ぎ木した穂木の様子です。   今年は例年にはない異常気象に見舞われ、 穂木にもかなり負荷が掛かったようです。 なかなか展葉しないものや、芽が動いても勢いが付かず そのまま枯れてしまうものも幾つか見受けられました。 また、親和性の問題も大きく考えさせられた年になりました。... 続きを読む
    • 地元にある芝桜公園を観て来ました。 日中は混雑するので夕方頃に行きました。 既に盛りは過ぎていましたが、まだまだ綺麗に咲いていました。  ... 続きを読む
    • リンゴの開花状況です。 (画像をクリックしますと拡大します。)   昨日、今日と夏日のような天気となりまして、 リンゴの花がほぼ満開状態となりました。  ... 続きを読む
    • この度、ブログを開設いたしました。  慣れるまではいろいろと ご迷惑をお掛けするかと思いますが、 何卒温かい目で見てやってくださいませ。(^^;) 今までのヘッポコなホームページのほうも引き続きお願い致します。 それと、現状ではちょっと寂しいので相互リンクも募集中です。 もし良かったらお気軽にご連絡くださいませ。   私のほうからお声を掛ける場合もあるかと思いますので、 その時は宜しくお願い致します。... 続きを読む

    ホワイトモグタン

    北関東のとある田舎町でいろいろな果樹を植えて楽しんでいます。

    カレンダー

    04 | 2010/05 | 06
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    検索フォーム

    最新記事+コメント

    FC2カウンター

    Tree-LINK

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR