• 本日は、昨日に比べると大分暖かく感じました。 朝方は-2℃にまで冷え込んだのに暖かく感じるから不思議です。 そんな中、植栽の続きを行おうと思いまして、再度確認をしたところ、 やはり、南北の株間が窮屈すぎるように思いました。 そこで6本植えから5本植えに変更しました。 折角植えたのにまた堀り取っての植え直しとなりますが、 後で後悔するよりは増しだと思い、すぐさま決行いたしました。 そうなりますと、1列1本ず... 続きを読む
    • 本日は-5℃を記録し、午前9時頃まで-2℃と、寒さに勝てず、仕事を中断しました。日中も温度は上がらず、1℃止まりでした。曇り天気で雪もちらつき、とても寒い一日となりました。 ... 続きを読む
    • 本日は午前中より整地作業を行いました。 2時間くらいユンボで歩いて画像のようになりました。   やはり、午前中の作業は寒くて辛いです。 地面を均した数分後には表面が凍っていました。... 続きを読む
    • 本日より造成工事を着工しました。   今回の工事内容は、スモモ、桃、梨などの樹を掘り取って、 斜面を平らに敷き均す事と、植栽配置の変更が主な目的になります。... 続きを読む
    • プルーンの若木の剪定及び移植を行いました。... 続きを読む
    • 以前に少しだけお話した事がありましたが、 古木のスモモ2本を伐採しました。 このスモモは昔、父が植えたものですが、本人曰く、 大きくしたいとの事で、私も今まで手を掛けませんでした。 しかし、先日に東電から電線に枝が被っていて危険と言われて、 急遽伐採する事になりました。 勿論切るのは私です。 本人は足が震えてとても切れないとの事。(汗&笑)... 続きを読む
    • 若木桃の整枝、剪定を行いました。 2009年の2月に植栽を行った樹です。 その時の様子はこちら→果樹日誌... 続きを読む
    • 昨日の続きで桃やスモモの苗木を植えようかと思っていたのですが、 寒むさに勝てず、2、3本植えて終了しました。(汗) 冷たい強風が吹き荒れて、午後になっても手足が凍り付くようでした。 呂律が回らない程でした。 いや~、この寒さには参りました。(汗)   苗木がよく見えませんが、沢山植えてあります。(笑) 晴れても寒い一日でした。... 続きを読む
    • そろそろ室内へ取り込まなければ取り込まなければと思いながら、 今日まで来てしまいました。 そして本日-6℃まで冷え込みました。 何の話かといいますと、柑橘類の話です。 みかん類は-5℃が限界のようなのでやってしまった!(汗) といった心境です。 枯れて後悔することが多いのに、学習能力が全く足りない私です。(汗) 取り合えず、これ以上は危険なので全て室内に取り込みました。 無事であってほしいです。  ... 続きを読む
    •  仕事が落ち着いてきたので、少し余裕が出来ました。 そこで本日は、桃の苗木の植え付けを行いました。  その前に、 以前より、昨年植栽した幼木の位置に納得がいかなかったので、 この機会に全体的に位置をずらしました。... 続きを読む
    • そろそろ造成工事を行おうかと考えています。   その為、法面に植えた、 イチジクやマルメロの若木なども工事の妨げになるので移植しました。 ちなみに上記の画像は移植前です。 中央の1列がイチジクです。 撮影後に全て移植しました。... 続きを読む
    • 今だに落葉しないリンゴの接木苗です。 手前の落葉している苗木は桃です。桃やスモモの苗木は最近になってやっと完全落葉しました。しかし、リンゴの苗木はまだ完全に落葉しておりません。接木苗以外のリンゴの樹は疾うに落葉しています。霜は毎日のように降りていますが、まだ青い葉をしている苗木も目立ちます。もしも、まだ暖かかったらまだまだ伸びるのでしょうか!?そんな実験も試みたら面白いかもしれませんね。... 続きを読む
    • 今月の上旬に撮影した画像ですが、 呼び接ぎしていたリンゴの枝を切り離しました。  ... 続きを読む
    • 現在、手入れをしているお宅には幾つかの果樹があります。 その中でも本日は、とてつもなくデカい梅の木を伐採いたしました。   出来れば剪定前の樹形を撮りたかったのですが、 1人作業ではそんな余裕はありません。 (本日の画像は昼休みに撮りました。) 作業が完了するまでは、 どうやって安全且つ的確に作業を進めていくかだけです。 相手はかなりの巨木ですので安易な考えは大事故に繋がります。 樹高は15m以上あり、 ... 続きを読む
    •   本日は休日を返上して友人宅の庭造りを手伝いました。 そこで興味深いものを発見しました。... 続きを読む
    • 西王母を剪定しました。... 続きを読む
    • 通勤途中に日の出が綺麗だったので撮影してみました。   今日も一日頑張るぞ!といった感じです!(笑)... 続きを読む
    • 天候の都合で本日は仕事が休みでした。 午前中は雨でしたが、 午後から晴れてきたので少しばかり剪定を行いました。   画像は2年生のいくみで剪定前です。... 続きを読む
    • 早生みかんを収穫しました。初めから『早生みかん』としか記されていないので品種名は分かりません。 結構大きなみかんです。味は、前回食べた岩崎早生よりも美味しく感じました。表皮もこちらのほうが薄いです。... 続きを読む
    • 昨年樹形改造を行った大玉あかつきです。   1年でこんなにボサボサになりました。 今年は改造2年目なので骨格作りを意識して剪定を行いました。 剪定後の状態です。   剪定を行い、立ち上がった枝を誘引しました。 下記の画像は逆方向から撮影しました。 手前の低くて長い枝は生らし枝として少し長めに残してあります。 他の枝が出来てくれば、短めにする予定です。 他の樹も剪定をしたかったのですが、 用事が立て込... 続きを読む
    • アップルキウイを剪定しました。  ... 続きを読む
    • 今の時期、庭木の手入れに追われています。 現在、手入れしているお庭は、 昨年からお世話になっているのですが、 失礼ながら昨年はジャングル状態で、 二十年近く、無手入れ状態との事でした。 この赤松もそのうちの一つで、昨年は激しく荒れており、 とても庭木とは呼べるものではありませんでした。 今思えば、その時の写真を撮っておけばよかったです。 とにかく、ボサボサで枝枯れが激しく、 全く原形を留めておりませんでし... 続きを読む
    • 昨日お見せしました紅美人の根です。  良い状態とは言えませんが、根付く範囲内ではあるように思います。水に浸しておき、休日に仮植する予定です。... 続きを読む
    •  仕事を終えて帰宅すると『紅美人』が届いておりました。   当初の発送予定よりも1ヵ月遅れで届きましたが、 事前に連絡がありましたので承知していました。 早速、確認してみると、それほど悪くはないようです。 ただ感じな根っ子はまだ確認していないので分かりません。 キウイの根は柔らかいので、傷み易くて根付かない場合もあります。 今日は遅いので、明日の朝にでも確認してみようと思います。... 続きを読む
    • 先日、岩崎早生を収穫しましたが、次はどれを収穫するか悩むところです。   手前から、紅甘夏、今津ポンカン、大田ポンカン、大津4号、日向夏です。 こちらは、先月の終わり頃に撮影しました、 金柑、不知火、早生みかん(品種不明)です。 寒さのためか、葉が黄色っぽいですが、樹は元気です。   そろそろ室内に取り込もうと思います。... 続きを読む
    • ラミネーターで加工した名札を沢山作りました。     夜間、コツコツと作っています、ラミネーター加工名札。 先日購入した道具を使うとあっという間に沢山の名札が出来てしまいす。 全部を取り付けるとなると加工するよりも時間が掛かりそうです。(汗)... 続きを読む
    • 昨日に引き続き、キウイの剪定を行いました。 本日は紅妃を剪定しました。... 続きを読む
    • キウイの剪定を始めました。 本日はMGキウイを行いました。 キウイの剪定は遣り甲斐があります。(画像をクリックすると少しだけ大きな画像になります。)... 続きを読む
    • 行灯仕立てのブドウです。   すっかり落葉して枝がむき出しになりました。 こちらも剪定をしなくてはなりません。 話変わりますが、本日の夕方から爆風のような強風が吹き荒れ、 雷が鳴り、滝のような雨が降って、雹まで降りました。 先日工事した道路がアスファルトでなかったら、 砂利や土が大量に流れて大変な事になっていたと思います。汗 また孟宗竹の何本かが折れているのが確認できます。 孟宗竹は撓ることはよくあり... 続きを読む
    • 名札作りを始めるために、100円ショップで道具を揃えました。 フィルムを切るためのロングはさみ、穴を開けるシングルパンチ、枝に括り付けるためのビニタイ、用紙等。... 続きを読む

    ホワイトモグタン

    北関東のとある田舎町でいろいろな果樹を植えて楽しんでいます。

    カレンダー

    11 | 2010/12 | 01
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    検索フォーム

    最新記事+コメント

    FC2カウンター

    Tree-LINK

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR