• 極晩生のエンパイヤを収穫しました。   新聞紙の果実袋を外さなかったので外観が黄色です。 大果品種という事もあって、なかなか大きな果実も見られました。 エンパイヤも大分虫に遣られてしまいましたが、 味見程度は確保する事が出来ました。 外観が黄色いと先日紹介したボケの果実のようです。 中には裂果した果実も見られますが、傷口は塞がっていますので、 エンパイヤは腐り難いタイプのようです。 既に熟して柔らかく... 続きを読む
    • 数日前から金木犀が咲き始めました。 我が家には大きな金木犀が4本あるので、広範囲に渡って金木犀の香りに包まれています。かなり遠くのご近所さんまで香っていると思います。開花が進んでくると、こんな感じになります。 秋明菊が見頃を迎えています。 シンプルで飾り気のない花ですが、沢山咲くと、辺り一面が映えて見えます。 秋明菊の近くでは斑入りのヤブランが咲いていました。 間もなく、10月... 続きを読む
    • 散歩をしていたら、ボケの実が落ちていました。 もう熟したようです。画像の実は咲き分け品種の花ボケの実です。通常は結実しないのですが、今年は沢山生りました。開花時期に沢山の蜜蜂達が訪花していたので、近くに植えてある、野生種のボケ(シドミ)の花粉で受粉したものと思います。ボケの実は生食は出来ませんが、何とも言えぬ良い香りがします。 まだ生っている実も見られます。 こちらは野生種のシドミです。 果... 続きを読む
    • 昨年の春にTバーを作り、幼木の香緑を植え付けました。 しかし、今年の春に幹元が腐ってしまい、その後枯れてしまいました。 様子がおかしくなった頃に、 台木の地際付近から勢いの良い突発枝が発生しました。 その突発枝を台木にして香緑を緑枝接ぎしました。 その後、無事に活着して現在棚まで到達しています。  現在仕立て中の香緑です。地際の切り口が今まで育てていた樹です。テープが巻いてある幹が突発枝を利用して緑... 続きを読む
    • スチューベンとキャンベルアーリーを全収穫しました。   上記の画像には、ワイン用品種も少しだけ混ざっています。 今年は雨が多くて、 スチューベンやキャンベルアーリーでさえも病気に罹ってしまいました。 房も腐れが多くて良房は殆ど採れませんでした。  ... 続きを読む
    • 最近気温が下がってきて、 最低気温は10℃くらいまで冷え込む日が出てきました。 そのせいか、ミニバナナの成長が鈍ってきたようです。 新しい葉っぱが出てくると、一番下の古い葉っぱが黄色くなって枯れてきます。 画像の黄色い葉っぱは寒さのせいではありません。 寒さで痛んだ場合は全体的に痛みます。 古い葉っぱは次第に枯れてきますので枯れてきたら取り除きます。 最低気温が10℃を下回ったら室内に取り込みたいと思いま... 続きを読む
    • ウェルズの実が大分大きくなりました。   なかなか大きな果実です。 触ってみるとまだ硬いです。 画像のウェルズは実生樹に高接ぎしたものですが、 近くの枝に生っていた、 高接ぎデービスと実生の果実は一週間くらい前に落果しました。 熟すと落果するのがポポーの特徴ですが、 生食で食べるなら、落果する前のやや硬い状態のほうが美味しく感じます。 画像のウェルズの果実は落果する前に収穫して食べてみようと思います。... 続きを読む
    • ケルシージャパンを収穫しました。   ♪ケルシー、あなたにあげな~い♪ 何故なら、あげるほど生っていないからです。(笑) あげたくてもあげられません。(汗) 当初は鈴生りに生っていましたが、 その後、虫や病気に罹ってしまい、最終的には数えるほどしか残りませんでした。 そんなケルシーですが、味のほうは数ある品種中でもトップクラスです。 完熟したケルシーは、果肉がとっても柔らかくて齧ると果汁が滴り落ちてきま... 続きを読む
    • 早秋以外の品種も色着いてきました。 貴秋です。   色着いてきた果実が増えてきました。 中には何かが原因で熟してしまった果実も見られます。 早秋です。   そろそろ収穫しても良さそうです。 新秋です。 新秋は秋雨の影響で落葉病に罹ってしまいました。 果実は無事で幼木の割には沢山結実しています。 興津20号です。   初生りですが、思っていたより大きな果実です。 美味しい柿との事でどんな味がするのか... 続きを読む
    • 巨峰の収穫が続いています。   色の濃い房から順に収穫しています。 真っ黒に着色した房は少ないのですが、 それでも大半の房は黒ずんでいます。 味のほうは最近の冷え込みが手伝って、 一段と甘みが増してきています。... 続きを読む
    • 秋茜を収穫しました。   初生りなので、これだけの収穫ですが、 なかなか大きな果実が採れました。 大き目の果実です。      あえて着色の悪い果実を食べてみましたら、 それでも甘さは十分ありました。 かなり美味しいリンゴです。 香りも強くて、リンゴの甘い香りがぷんぷん漂っています。... 続きを読む
    • みさかっ娘、さくら、桃水を収穫しました。   収穫といっても殆ど全滅で、数果のみの収穫となりました。 新聞紙の果実袋が破けていたものは薄っすらと色着いていました。 何百枚もの袋を掛けて、3本合わせてこれだけの収穫とは寂しいものです。 これにより、今年の我が家の桃の収穫は終了しました。 特に今年はカメムシによる被害が目立ちました。... 続きを読む
    • 最近、あちらこちらから果樹苗木のカタログが送られてきます。 中には、 10年以上も購入していないのに立派なカタログが送られてくるお店もあります。 昨日はイシドウから届きました。 イシドウといえば、やはり桃に力を注いでおられます。 今年も魅力的な新品種がありました。 その反面、カタログから消えてしまった品種もあります。 スウィート光黄は消えていました。 以前より、我が家の黄色系統の中ではスウィート光黄が、 ... 続きを読む
    • 定期的な掃除を兼ねて、各群の内検を行いました。A群です。 大分涼しくなりましたので、蜂達も活発に出入りしています。産卵数も増えているようで、巣板を伸ばしています。C群です。 C群も順調に巣板を伸ばしています。来月の上旬頃にギリギリ採蜜出来るかもしれません。D群です。 最近、一気に蜂数が増えました。花粉の運びも増えています。E群です。 他の群に比べると、それほど巣板は伸びていませんが、蜂... 続きを読む
    • 早起きして、道の駅(栃木県市貝町のサシバの里)へ出品する果物のパック詰めを行いました。 今日は敬老の日との事で、 お爺ちゃん、お婆ちゃんの御土産物として何時もより価格を抑えました。        ... 続きを読む
    • 今年も秋明菊が咲く季節となりました。   気温も下がってきて、大分秋めいてきました。 毎年、秋明菊の花を見る度に秋の訪れを感じます。 翁草の苗です。   5月頃に種を蒔きました。 翁草は多年草で、3年くらい経つと株ごと枯れてしまいます。 そこで、数年おきに種を蒔いて新たな苗を作ります。 上手くいけば来年開花します。... 続きを読む
    • バナーネの秋果が熟してきました。   夏果のように大きくはありませんが、それでも食べ応えはあります。  割ってみると中身はこんな感じでした。 あとで糖度を計ってみたら、最高で23度ありました。このところ夜間に雷雨が続いているので、糖度が低いかもしれませんが、食べた感じでは、ねっとりしていてイチジクらしい甘さを感じました。ただ糖度を計る時に果汁が出なくて苦労しました。食べると瑞々... 続きを読む
    • 今日は黄ららのきわみを収穫しました。  晩生種ともなると、大果で糖度の高いものが殆どです。この黄ららのきわみも大果で糖度の高い品種です。本当は、あと1週間くらい生らせておきたかったのですが、脱落果が増えてきたので、少し早めの収穫となりました。 黄ららのきわみは、かなり優秀な品種なので安定した収穫を目指したいです。... 続きを読む
    • かぐやと黄貴妃を収穫しました。 今年はカメムシの猛攻撃を受けて、 殆どの果実が脱落してしまいました。新聞紙の果実袋で覆っていた”かぐや”は、除袋しなかったので着色しませんでした。それでも収穫時期なので食べては甘いです。黄貴妃は新聞紙の果実袋の中で黄色く色着いていました。こちらも食べ頃になっています。... 続きを読む
    • 今年の2月にぽろたんと武蔵を移植しました。 現在のぽろたんです。  植え付け時には、根、枝共にかなり詰めましたが、その後、植え痛みもなく、沢山胴吹きしてくれました。支柱、水極めをしっかりやっておいて正解でした。武蔵です。 武蔵もしっかりと根付いてくれました。移植したにも関わらず、武蔵には小さな毬が着きました。 ... 続きを読む
    • 昨年の12月に移植した若木や幼木の和梨の何品種かに実が着きました。 豊水です。   移植樹の中では古いほうで、苗木から育てて10年以上経っています。 以前は毎年結実していましたが、 ここ数年は頻繁に移植を行っていたので、まともな実が生りませんでした。 しかし、今回は定植とあって丁寧に植え付けたせいか、 数果ほど食べられそうな実が生りました。   間もなく収穫出来そうです。 来年は沢山生ってほしいです... 続きを読む
    • リンゴ並木の秋茜が色着いてきました。  画像では伝わらないですが、意外と大きな果実です。色的には食べ頃のように見えますか、収穫適期はもう少し先のようです。まだまだ幼木ながら、リンゴ並木の樹たちもぼちぼち生り始めるようになりました。 ... 続きを読む
    • ウインクが色着いてきました。   新設したブドウハウスに今年の春に移植したのですが、 花穂が付きましたので、そのまま生らせてみました。 2房のみですが生っています。 来年は本格的に生りますでしょうか? 楽しみです。 他の品種も順調に生育しています。  ... 続きを読む
    • 今年は本ユズが沢山結実しています。 ユズはいろいろな料理に使えて重宝します。今年は沢山のユズシュースが作れそうです。 ... 続きを読む
    • サルナシの結実状況です。  サルナシはキウイを濃縮したような味がします。ただ若干えぐみも感じられるので、人によって好みが分かれると思います。私はそれほど気にならないので美味しく感じます。... 続きを読む
    • 涼しくなってきたせいか、ゴルビーが色着いてきました。 ゴルビーの場合は、ほんの少しでも色が着くと嬉しくなります。   高妻は着色が進んで黒房が増えてきました。   今年は開花時期に悪天候に見舞われて、 花ぶるいしまくりましが、大粒が幸いして当初の酷さは軽減されました。   初生りのシャインマスカット(左)です。   味見が楽しみです。... 続きを読む
    • 早秋が色着いてきました。   早秋は極早生なので他の品種よりも一足早く色着いています。 興津20号も薄っすらと色着いてきました。 まだまだ小さいので色着きながら肥大して行くものと思います。... 続きを読む
    • 9月に入り、桃の収穫も残り少なくなってきました。 本日は幸茜を収穫しました。  新聞紙の果実袋を掛けていたので白桃と勘違いしそうです。少しでも虫の被害を避ける為に除袋はしませんでした。幸茜は大きいです。被害が無ければ栽培し易い品種に思います。甘くて美味しい桃です。スウィート光黄は残念ながらほぼ全滅してしまいました。 黄色系統の中では外観の良さは最高峰かもしれません。肉質はやや硬めで半溶解質と... 続きを読む
    • 今年は異常なほどカメムシが多くて、 桃やスモモの殆どが腐ってしまいました。 特に中生から晩生品種は夜蛾の被害も加わって全滅に近いです。 辛うじて生き残った秋姫の果実です。   青果の時は枝垂れるほど生っていたのに、 着色開始と同時に猛攻撃を受けました。   トパーズは全滅です。   カメムシに吸われてしまうと左の果実のように腐ってしまいます。 毎年、何かしらのアクシデントに見舞われてまともな収穫... 続きを読む

    ホワイトモグタン

    北関東のとある田舎町でいろいろな果樹を植えて楽しんでいます。

    カレンダー

    08 | 2014/09 | 10
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -

    検索フォーム

    最新記事+コメント

    FC2カウンター

    Tree-LINK

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR