• ビックリグミが色着いてきました。 やや渋みがありますが、とろっとした食感で甘くて美味しいです。見慣れているせいか、最近はビックリしなくなりました。 (笑) ... 続きを読む
    • 紅妃と紅美人は4月に降った雪の影響で、全くの不作となり、摘果するほど結実していません。残念な結果となりました。そこで黄肉系のMGー06と魁蜜の摘果を始めました。幸いな事に、MGー06と魁蜜は無害でした。MGー06の摘果前の様子です。 数日前まで開花していましたが、散れると直ぐに幼果が現れます。今年も良い生りっぷりで鈴生り状態に結実しています。そして粗摘果後です。 狭い棚ながらも、粗摘果をし... 続きを読む
    • 60L鉢で栽培している ”なつっこ”の袋掛けを行いました。 沢山摘果したのですが、それでも200枚近く掛けました。大鉢だと樹も大きいので意外と沢山の袋を使います。... 続きを読む
    • ポポーに結実が見られます。 今年も美味しいポポーが腹いっぱい食べれますように・・・! ... 続きを読む
    • 平らな畑の桃の樹を樹形改造の為に思い切ってばっさりと切りました。この畑の桃の樹は、どれも3本主枝の開心樹形に仕立てています。 ところが、画像のように列間や株間が狭い植え方をすると、3本主枝では日当たりが悪くなってしまい、下枝まで光が射さなくなってしまいます。これでは、樹形の維持も難しく、開心樹形の良さを殺しています。 若木のうちはコンパクトで良いのですが、樹が成長するに連れてどんどん窮屈に... 続きを読む
    • 傾斜地の桃畑の袋掛けがやっと終わりました。 毎日数本ずつ掛けていましたが、仕上げ摘果や新梢の整枝なども行いながら進めていたので本当に疲れました。(汗) 今年は、若木にも初生りした樹が多く見られます。 我ながらによく頑張ったものです。(笑)   今回、桃の袋掛けの大変さがよく分かりました。若木も成木になれば、更に大変になります。本気で桃の樹を減らそうかと思いました。(汗)... 続きを読む
    •  掃除のついでに今年入居した群の内検をしてみました。じっくりと観るのは今回が初めてです。B群です。(4月24日に入居)  良い感じで巣作りが進んでいるようです。そろそろ、二段目の桟に届きそうです。F群です。(4月28日に入居) 凄い巣の作り方をしていました!巣板の向きがばらばらです。しかし、群れに勢いがあるようで、二段目の桟を越えていました。強群のようです。G群です。(5月1日に入居)... 続きを読む
    • ブドウの花が咲き始めたので1回目のジベレリン処理を始めました。開花が始まったら花穂を切り込んで房作りを始めます。画像のように切り込んだ房が満開になったら1回目のジベレリン処理を行います。  本日は、大粒ピオーネ、ハニーレッド、ハニービーナスクイーンニーナ、ナチュベアマリーの満開になった房をジベレリン処理しました。... 続きを読む
    • 果樹の作業が忙しくて、てんてこ舞いしています。(汗)そこで、ちょっと息抜きに花見しました。遅咲きの石楠花が綺麗に咲いていました。 年に一度だけの開花などで今見逃したら、また来年までお預けになってしまいます。こちらの石楠花もほぼ満開になっていました。 ツツジが終わり、今度はサツキが咲き始めました。 小さなアヤメが沢山咲いています。 マツバギクも綺麗に咲いています。 ちょっと、疲れが取れ... 続きを読む
    •  他の誘引蘭に遅れること、フォアゴットンフルーツが数日前から咲き始めました。キンリョウヘンやミスマフェットよりも濃い色の大輪で実に綺麗な花です。フォアゴットンフルーツも誘引力はあるようですが、網で覆って待ち箱に設置するよりも観賞したほうが良さそうです。今年初開花したハニービーです。 ミスマフェットと同じく、デボニアナム とキンリョウヘンの交配種なので、ミスマフェットの花と似ています。ミスマ... 続きを読む
    • 早いもので、黄肉品種の開花は盛りを過ぎてきました。 MGー06の花です。 摘蕾する暇がなかったので、こんな状態で咲いています。開花が終わり次第、すぐさま摘果に入ります。魁蜜も盛りを過ぎてきました。 雪の影響で不作の紅妃ですが、早期に咲いた花には幼果が見られます。 ... 続きを読む
    • 少し早いですが、摘果のついでに袋掛けを始めました。つい先日咲いていたリンゴも幼果の肥大が進んでいます。その為、摘果をしながら袋掛けを行いました。はじめ、取り敢えず極早生品種だけを袋掛けしようと思ったのですが、ついでなのでリンゴ並木の樹にも袋掛けを行いました。こちらは極早生品種の恋空です。 沢山の幼果が着いていましたが、まだ若木なので多めに摘果しました。リンゴ並木は樹(品種)によって着果数が様々... 続きを読む
    • グリーンライトと東京ゴールドが開花しました。グリーンライトです。グリーンライトは緑肉系統ですが、アップルキウイのように丸っこい果実で、緑肉特有の酸味は殆ど感じず、風味豊かで高糖度の品種です。緑肉キウイといっても一風変わっています。追熟期間も紅芯キウイ並みに早いです。東京ゴールドも開花しました。 尖った果形はニュージーランド産のゼスプリ・ゴールドにそっくりです。黄肉で果重は100g前後で、小さ過ぎず、... 続きを読む
    • ブドウの新梢も加速しながら成長しています。こちらは、シャインマスカット、高妻、ゴルビーなどを棚栽培で育てているブドウハウスの様子です。一番手前の樹がシャインマスカットです。昨年、初生りして食べましたが、マスカット香が強くて評判通りの美味しいブドウでした。今年は昨年よりも沢山の花穂が見られます。 こちらは棚栽培の巨峰ハウスです。 巨峰の新梢の伸びはゆっくりですが大分混み合ってきました。間引き... 続きを読む
    • スモモの粗摘果を行いました。摘果前のニューハニーあやかです。 粗摘果後の様子です。 スモモも4月に降った雪の影響が諸に出ています。品種によっては全滅に等しいです。ニューハニーあやかは、開花時期が遅かった為に大した被害は出ませんでしたが、雪が降った時にまだ開花していた品種や散れ始めていた品種は相当なダメージを受けてしまったようです。時が経つに連れて被害の度合いが見えてきます。今年のスモモは全... 続きを読む
    • 黄肉品種のMGー06と魁蜜の開花が始まりました。MGー06です。 萌芽し始めた時に季節外れの雪が降り、多少の新芽が痛みましたが、紅芯品種ほど芽が動いていなかったので、大した被害はありませんでした。ちなみに雪の被害を受けた紅妃と紅美人は、新芽の伸びがばらばらになってしまった為にダラダラと咲いています。現在も咲いており、黄肉系統と開花が重なってしまいました。しかもまだ蕾のものもあります。MGー06... 続きを読む
    • 石楠花も後半戦に差し掛かってきました。      ツツジも綺麗に咲いています。  こちらはポプシーです。 ポプシーの新芽は独特の色をしていて一際目立ちます。イチゴが色付いてきました。 プチイチゴ狩りが楽しめそうです♪傾斜地の桃畑でニッコウキスゲが咲き始めました。  その他の草花も綺麗に咲いています♪       ... 続きを読む
    • 極早生品種のネクタリンのストレンジに袋掛けを行いました。摘果前の様子です。ストレンジは極早生という事もあって、桃、ネクタリンの中では一番初めに開花しました。その為、他品種よりも果実の肥大が早いです。今まで摘果をしていませんでしたので、摘果をしながら袋掛けを行いました。昨年までは、5~6千枚くらい自作の果実袋を使用していましたが、作るのが大変なので、今年は市販品を2タイプほど、合わせて1万枚を購入し... 続きを読む
    • 昨年、ジャーマンアイリスを数品種植え付けました。どれも小苗だったので、今年の開花は期待していませんでしたが、生育が良かった株は花芽が付いて現在開花しています。      こうして見ると、開花株はどれもシンプルな品種が多いです。植え付けた品種の中には派手なものもありますが、そうした品種は生育が遅いです。でも来年はもっといろんな花が見られそうです。... 続きを読む
    • 桃壇の天井部のネット掛けを行いました。ネットを掛ける前に粗摘果や新梢整理を行いました。 側面のネットは年中掛けっぱなしです。天井部は今頃の時期から晩成品種の収穫が終わるまで掛けています。昨年、暁桃太郎を伐採して黄貴妃を接ぎました。 今年は良い成長を見せています。天井部のネットを掛け終えた様子です。 ネットも数年経つと、あちらこちらが切れてきます。風で引っ張られて切れたり、虫が齧って切った痕... 続きを読む
    • イチジクの展葉が始まりました。 イチジクの芽吹きは他の果樹に比べてかなり遅いです。最近になって、ようやく芽吹き始めた新芽も見られます。基本的に冬の剪定は強剪定を行いましたが、樹勢の弱い樹や一部の枝は切り戻しは行いませんでした。その為、品種によっては夏果が見られます。ビオレッタです。  枝の先端付近に数果ほど着いています。冬の時から小さな幼果が着いていたのは知っていましたが、久しぶりに見たら... 続きを読む
    • 鉢物柑橘類の開花が始まりました。 結構遠くまで爽やかな香りが漂っています。香りに誘われてアゲハチョウが2匹来ていました。アゲハチョウは卵を産み付けるので注意が必要です。大食漢の幼虫に葉をバリバリ食べられてしまいます。 夕方から久しぶりに雨らしい雨が降っています。このところ何日も降っていなかったので、あちらこちらで地割れが見られます。植物にとっても恵みの雨になりそうです。 ... 続きを読む
    • 桃の新梢も伸びてきました。これからの時期は何かと忙しくなります。今日は朝から桃の粗摘果を行いました。画像は赤宝の摘果前です。 粗摘果後です。 桃は生理落果が激しいので、初めから仕上げ摘果は行いません。なので、今の段階では、真上を向いている幼果や、袋掛けがし辛い箇所に結実している幼果、混み過ぎている幼果などをざっと間引く程度に止めました。私の場合、仕上げ摘果は袋掛けと同時に行います。摘果は基... 続きを読む
    • 新梢が伸びてきたので誘引を始めました。バインダー紐を利用して一段目の誘引線を張りました。誘引と同時に、不要な新梢を整理したり、巻きひげの処理や、一つの新梢から二つ付いている花穂を一つにしたりしました。 ... 続きを読む
    • 極早生品種の紅妃と紅美人の開花が始まりましたが、今年は花芽の数が大幅に少ないです。4月に降った季節外れの雪が原因です。当初、被害はないものと思っていたのですが、雪が被った新芽はその後に枯れてしまいました。その枯れてしまった新芽に沢山の蕾が付いていたのです。現在伸びている新芽の大半は、その後に遅れて芽吹いた新芽です。現在は展葉が進んで復活したかのように見えますが、遅れて展葉した新芽には殆ど蕾が付きま... 続きを読む
    • 春に挿し木したミロバランスモモの様子です。こちらは畑に黒マルチを張って、直接畑の土に挿し木した苗です。沢山の新梢が伸びてきたので、1本の新梢のみを残して、残りは切り戻しました。新梢整理後の様子です。 これで苗木の伸びが良くなります。こちらはプランターに挿し木したミロバランスモモです。 こちらも順調に成長しています。こちらも新梢を整理しました。 プランターの苗は、梅雨に入りましたら地植え... 続きを読む
    • ミスマフェットのアルバが綺麗に咲いています。 ミスマフェットの赤花同様にアルバも誘引力は強力です。 綺麗な花なので、誘引に使うのは勿体無いくらいです。来年からは観賞用にしたいと思います。... 続きを読む
    • オオデマリが見頃を迎えています。 画像の樹は親木で、かなりの古木です。何度か地上部が枯れた事があり、枯れてはひこばえが発生してまた成長するを数回繰り返しています。なので、幹自体はそれほど太くはありませんが株元は太いです。こちらは親木から挿し木で増やした子供の樹です。 子供といっても20年以上は経っています。右が親で左が子供です。 奥にもう1本子供がいます。 手前の枝垂れ紅葉は以前に... 続きを読む
    • 昨日に続いて、本日もご入居がありました。自然群のようです。   分蜂シーズン真っ盛りのようです。この群をJ群と名付けました。入居が決まり寛ぐJ群 ... 続きを読む
    • 今日はいろいろありました。昨日の昼頃にE群が第二分蜂したのですが、昨日は近くのコナラの高木に蜂球を作って、結局、入居はしませんでした。昨日、撮影した、E群の第二分蜂群の蜂球です。結構大きな群です。昨日、今日と待ち箱に探索蜂が来ていたので、今日の午前中には、いずれかの待ち箱へ入るだろうと思っていたのですが考えは甘かったです。10時頃に蜂球が崩れ出したので、いよいよご入居だなと思い、ワクワク♪しながら... 続きを読む

    ホワイトモグタン

    北関東のとある田舎町でいろいろな果樹を植えて楽しんでいます。

    カレンダー

    04 | 2015/05 | 06
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

    検索フォーム

    最新記事+コメント

    FC2カウンター

    Tree-LINK

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR