赤松 伐採


    知人宅の赤松を伐採してきました。


    このお宅の主木なので一番の大木でした。

    それなりに年功も経っていて、

    手入れをされていたので風情がありました。

    なので、切るのが勿体無い感じもしましたが、

    ご家族全員の要望で伐採してほしいとの事でしたので、

    躊躇いなく伐採させて頂きました。


    ただ、この場所の周囲は、

    障害物だらけで一気に切り倒す事が出来ません。

    通常ならば、ユニック車や高所作業車などを使って、

    数人の職人で行う様な作業ですが、

    この程度ならば、

    私は何時も一人で行っているので、

    二連梯子を掛けて届かない所は木登りをしながら、

    鋸とチェーンーを使って伐採しました。

    周囲の構造物を傷付けない様に、

    それと、怪我だけはしない様に注意をしながら行いました。


    始まってみると、

    それほど時間は掛かりませんでした。

    8時過ぎに始まってお昼前には全て終わりました。

    無事に終わってよかったです。

    お客さんもさっぱりして、

    広く感じる様になった!と喜んでおられました。


    ちなみに、ここのご主人が果樹栽培に嵌っていて、

    この空いた場所にまた果樹を植えるとか仰っておられました。

    それを近くで聞いていた奥さん!

    駄目だよ!お父さん!

    もう何も植えるんじゃないよ!

    意見が対立していました。汗&笑






    ここまで成長するのには、かなりの年数が掛かります。

    しかし、切るのは造作まないです。

    024_ejiiuiooo_201911261902473a0.jpg






    023_ejiiuiooo.jpg






    022_ejiiuiooo.jpg






    伐採した赤松の周辺はこんな感じで障害物だらけでした。

    ちょっとした不注意でも物を壊してしまう危険があるので、

    常に注意を払いながら作業しました。

    027_ejiiuiooo.jpg






    切り株が今回伐採した赤松が生えていた場所です。

    周りには果樹が沢山植えてあります。

    紐で枝が巻いてある樹はスモモのサマービュートだそうで、

    多品種接ぎ更新中とかで所所の枝が切られていました。

    今までは赤松に隠れていて日当たりは悪かったと思います。

    奥に見えるハウスはブドウハウスです。

    ブルーシートは今回の赤松伐採の為に掛けました。

    このハウスの真上にも赤松の枝が覆い被さっていましたので、

    日当たりは悪かったはずです。

    この度の伐採で日当たりが良くなったので

    今後、果樹たちの成長が良くなると思います。


    これらの事から、

    今回の赤松伐採は果樹優先という事もある様に感じられました。笑

    026_ejiiuiooo.jpg






    関連記事

    コメント

    非公開コメント

    ホワイトモグタン

    北関東のとある田舎町でいろいろな果樹を植えて楽しんでいます。

    カレンダー

    05 | 2020/06 | 07
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -

    検索フォーム

    最新記事+コメント

    FC2カウンター

    月別アーカイブ

    Tree-LINK

    ブロとも申請フォーム

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR