赤松の剪定


    赤松の剪定を行いました。

    昔、山取りした赤松ですが、

    当初は片手で持てるほどの大きさでしたが、

    それから年月が経って、

    今では木登りしながら剪定するほど大きくなりました。

    剪定にも時間が掛かる様になり、

    切り透かし剪定でも一日半は掛かります。

    もみあげなど行いながら、

    丁寧に仕上げれば丸二日は掛かると思います。

    春のみどり摘みと冬の本剪定時にもみあげを行えば、

    葉が綺麗に揃ってもっと美しい樹姿になるのですが、

    一年を通じて果樹の管理があるのでそこまで手が回りません。

    その為、一年に一回、切り透かし剪定にしています。



    剪定前
    007_ejiiuiooo_202001091808333ba.jpg毎年透かしていますが、

    一年経つとボサボサになります。

    こうして見ると細く見えますが、

    実際には木登りしても安定感があります。

    枝に足を乗せても揺れなくなりました。



    手前の枠は蜜蜂誘引蘭置き場で、

    遮光ネットを取り付ける為の物です。

    これがあると剪定時に邪魔で景観も損ねてしまいます。

    もう少し枝が伸びれば日除けになるので、

    遮光ネットは不要になるかもしれません。

    そうすればこの枠も取り外せます。
    006_ejiiuiooo_20200109180830920.jpg






    剪定後
    004_ejiiuiooo_20200109180832267.jpgすっきりしました。

    やはり、手入れをすると見映えが良くなります。

    特に松は手入れに時間が掛かる分、遣り甲斐があります。
    001_ejiiuiooo_2020010918083284d.jpg赤松は幹肌も見所の一つです。





    この松の近くにもう2本赤松があります。

    それが終われば今年の松の剪定は全て終わります。
    003_ejiiuiooo_20200109180809403.jpg





    関連記事

    コメント

    非公開コメント

    ホワイトモグタン

    北関東のとある田舎町でいろいろな果樹を植えて楽しんでいます。

    カレンダー

    01 | 2020/02 | 03
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29

    検索フォーム

    最新記事+コメント

    FC2カウンター

    Tree-LINK

    ブロとも申請フォーム

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR