雨の中のハプニング


    本日は朝から雨の一日になりました。






    3月上旬に接ぎ木したビワの様子です。

    nmv010.jpg  

    芽が動き始まっています。

    一番手前の早五星の葉芽、もう一つあったのですが、

    誤って傘を当てて取れてしまいました。(汗)

     





    〇印の部分が取れてしまった箇所です。

    nmv003.jpg 

    リスたちに餌をやろうと、差していた傘を畳まずに逆様に置いたら、

    穂木に当たって、ぽろっと取れてしまいました。(汗)

    残った葉芽よりも展葉が進んでいたので残念な事をしました。

    少し早めに芽欠きをしたと思えばなんて事ないのですが、

    この程度の伸びの1芽では頼りなく感じます。

    でも2つとも取れないだけ幸いでした。

    こうした新芽は簡単に取れてしまうので皆さんも注意してください。(^^:)











    こちらは、大五星です。

    nmv008.jpg  

    今年の寒さで、穂木を採取した親木の大五星は枯れてしまいました。

    親木の様子が変だったので、

    これはやばそうと思いながら駄目元で接ぎました。

    ちなみに、大五星は2本接いだのですが、

    もう1本のほうは早々に枯れてしまいました。

    大五星はどちらの穂木も良くなったので、

    こうして1本だけでも 活着してくれたのは奇跡かもしれません。

    あまり期待をしていなかったのでとても嬉しく思っています。











    こちらが枯れてしまった親木の大五星です。

    nmv005.jpg 

    残念ながら完全に枯れてしまいました。











    駄目になってしまった大五星を接いでいた台木には、

    新たに予備保存しておいた早五星の穂木を接ぎ直しました。

    nmv004.jpg

    接ぎ直してから大分経ちますが、こちらも芽が膨らんできています。

    という事で、全部 活着しますと、

    大五星が1本、早五星が3本の苗木が確保出来たという事になります。

    関連記事

    コメント

    しお

    勿体ない芽欠きでしたね。
    総じて大五星より早五星の方が活着しやすいように感じますのは私だけでしょうか。
    北関東で枇杷の収穫が見られるのが楽しみです。

    ホワイトモグタン

    Re:しおさん
    こんばんは。
    予想外の芽欠きを遣ってしまいました。汗
    でも2芽付いていたのでどうにか助かりました。
    ビワの接ぎ木は、2~3本ながら、一昨年、昨年と寒さを喰らって失敗続きでした。
    そこで今年は、鉢上げにして霜に当てずに管理をしたところ、良い成績を収める事が出来ました。
    全部で4本しか接ぎませんでしたが、寒さに注意すればそれほど難しくはないように思いました。
    大五星と早五星の活着率は、数をこなしていない私にはよく分からないのですが、
    今回行った接ぎ木だけを見ますと同じ条件であれば大差はない様に思います。

    日本一の果実

    ビワも北関東では生き残りが大変ですね。
    当地でも今年の寒さは尋常では無く受粉状態も良くありません。
    ビワの接木は暖かい地方の方が成功率が高いいように思いますが。
    大五星・早五星が収穫出来ればビワの味を満喫出来そうな気も致します。
    小苗の近くは注意が必要です。
    私も良く踏み倒します。
    何か踏んだと思いきや苗でした。小苗は目立ちませんね。

    ホワイトモグタン

    Re:日本一の果実さん
    こんばんは。
    当地でもある程度大きくなれば大丈夫なのですが小さなうちは弱いですね。
    冬を越したかなと思っても、その後に勢いが無くなって終いには枯れてしまいます。
    そちらも今年の結実状態は良くないですか。
    当地の桃やスモモも今年ははずれのようです。
    訪花昆虫も少なかったように感じました。
    踏み倒しといえば、接ぎ木したスモモの中に穂木が酷く曲がっているものがありました。
    知らない間に触ってしまったようです。汗
    芽に勢いがないので多分枯れると思います。
    こうした不注意は気を付けないといけませんね。

    Shimada

    流石にですね~、元気のよい接木新葉が出て、
    当方は予定通り?、接木は全敗です、
    しかしまだ緑の残る穂木は、まだ残しています。
    幸いかどうか?、まだ確定はできませんが、
    挿し木が2本、展葉してきました、生き残ってくれれば嬉しいのですが。

    ホワイトモグタン

    Re:Shimadaさん
    こんばんは。
    やはり、当地での失敗の大きな原因は寒さだったようです。
    活着したかなと思った頃に2年連続して -4~-6℃の冷え込みに遭ってノックアウトしておりました。
    その教訓を今年は生かしてみましたら御覧の通りです。笑
    でも今回のように大事な芽を取ってしまう、おっちょこちょいなのが偶に瑕です。笑
    いや、偶にではなく、いつも瑕です。汗
    前にも言いましたが、ビワの挿し木は難しいです。
    葉が開くまでは良いのですが問題はそこから先です。
    余程上手に管理しないと発根しませんし、しても生育が悪いです。
    そのうち枯れてしまう場合が多いです。
    そんな常識を覆してください。
    非公開コメント

    ホワイトモグタン

    北関東のとある田舎町でいろいろな果樹を植えて楽しんでいます。

    カレンダー

    05 | 2020/06 | 07
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -

    検索フォーム

    最新記事+コメント

    FC2カウンター

    月別アーカイブ

    Tree-LINK

    ブロとも申請フォーム

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR